看護師

腎臓病は発見対策が重要~腎臓病で困らないヒント~

再発防止が難しいがん

悩み

肝臓がんは手術が難しいために内科的な局所療法で治療が行われています。この治療方法にはいろいろなものがありがんの状態や大きさによりさまざまな方法が試されています。現在では生体肝移植を行う治療方法も始まっています。

View Detail

クリニックとして安全

病棟

横浜クリニックは正確な判断が行える場所であり、精神的な部分の病に関しての知識も高いところが人気となっている点です。そして、完全な予約制となっている事から人の信頼も集めやすく、希望の時間で診療を受ける事が出来るのもメリットです。

View Detail

体の中で作られる物質

男性

甲状腺ホルモンは私たちが生活をしていくうえで重要なホルモンになっています。このホルモンのおかげで新陳代謝が行われています。ですがこのホルモンは体に多すぎても少なくても体調を崩してしまいます。このホルモンの製造、調節を行っているのが甲状腺です。

View Detail

病気の治療

先生

腎臓は体の中でとても大事な役割をしている臓器であり、正常に機能しないと他の臓器へも負担をかける事になります。腎臓病と診断された場合は担当医の示した方法で治療を継続する必要があるため、長期に渡って治療を受けます。症状が重くなければ改善する余地があるため、根気強く続ける事が大切です。腎臓病は服薬によりかなり症状は改善しますが、食事管理も同じくらい大切であり、両方を併用すると良いです。また腎臓の数値が悪いにも関わらず放置すると、腎不全や腎盂炎等に発展する可能性もあります。早期発見と早期対策が必要な臓器なので、異変を感じたら医療機関を受診して様子を把握する事が大事です。少しでも気になる症状があればその内容を担当医に伝える事で、病気を見つける事ができます。

腎臓病になると数値に出るため目に見えて分かるため、血液検査をする段階で体の異変に気付く事ができます。血液検査で数値異常と言われたらすぐに治療を開始する必要があるため、担当医師の指示に従い治療に専念する必要があります。腎臓病は通常機能するはずの部分に異変が起きているため、まずは正常に戻すための治療が行われます。腎臓の状況によって服薬治療や外科的手術等と受ける内容は大きく異なりますが、慎重に見極める必要があります。それと同時に行うのが食事管理による治療であり、腎臓に良くないとされる塩分を控えた食事を摂取します。塩分を多量に摂りすぎると腎臓に異常をきたす場合があるため、塩分コントロールした食事で体調を管理します。